遺言状の書き方には代表的な二つの方法があります

遺言状の書き方には代表的な二つの方法があります

代表的な遺言状の書き方には自筆証書遺言と公正証書遺言があります。


それぞれにメリットがありますので、自分のニーズに合う方を選ぶことになります。

まず自筆証書遺言は文字通り本人がすべて自筆で書くものです。
署名だけが自筆などは認められません。

メリットは特に証人などに立ち会ってもらう必要もありませんし、手軽に簡単にできることです。
紙も何でもいいですし、消えてしまうものでなければ筆記用具も自由です。

書く時に誰かが立ち会っているわけではありませんので内容も秘密にできます。

逆に言いますと他の人は存在を知りませんので没後に遺言状が見つからないままになる可能性がありますし、そもそも本人が紛失してしまうかもしれませんから注意が必要です。

こう書いていないといけませんという点もいろいろありまして、例えば日付が不確定な表現だとすべてが無効になってしまいますし、押印も不可欠です。

また自筆証書遺言はこのままでは効力がなく家庭裁判所で検認という手続きを経なくてはいけません。
一方の公正証書遺言は証人2人と公証役場を訪れて作ります。そこで本人が自分で文章を書くように思われていますが、そうではなく本人の口述やメモに基づいて公証人が文を作成します。原本がそのまま公証役場に残りますので紛失がありませんし、偽造や改竄をされる恐れもありません。

47NEWSに関するご質問を解決いたします。

また検認をする必要もないのもメリットです。


原則として公証役場まで足を運ばなくてはいけませんし、費用が掛かります。



証人が自分の知人の場合はその人たちに遺言状の内容がわかるという点もあります。

相続の遺言の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

  • 基本知識

    • 遺言状は相続争いを防いだり、自分の願い通りの相続が実現できる非常に有効な方法です。しかし法的な効力を遺言状に持たせるためには、法律で定められている様式を満たしていなければいけません。...

      detail
  • ためになる法律

    • 相続においては、民法で定められた割合に従って遺産が分割されます。同じく民法には相続人の順位が定められており、遺産相続の割合は順位が上の相続人ほど多くなっています。...

      detail
  • 法律について情報

    • 自分が築いてきた財産なのだから、相続も自分の思い通りに配分したいと考えることはおかしなことではありません。しかし、遺産相続には法律で定められた相続分の割合(法定相続分)があり、遺言状がないと自分が望んだように財産が残せない場合があります。...

      detail
  • みんなの常識

    • 遺言状とは、被相続人の最後の意思表示として民法の規定に従って書かれた物であり、法的な効力を有します。一般的に自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言から作成しますが、特定の状況下で行われる特別な遺言として、船舶遭難者遺言や伝染病隔離者遺言などもあります。...

      detail